株式譲渡益 ふるさと納税 控除

株式やFX・先物・オプションなど、投資から所得がある人がふるさと納税をするときに、取引金融機関の特定口座で源泉徴収課税を選択していると、投資の所得から寄附金控除ができません。

株式売却益などの所得も合算してふるさと納税の控除を受けるには、確定申告をして申告分離課税にする必要があります。

確定申告したとき、自己負担が2,000円で済むふるさと納税の限度額の計算は、株式譲渡益などの所得を合算した住民税の所得割額をベースに計算します。

計算方法などは、こちらの記事をご覧下さい。

2,000円の自己負担だけでふるさと納税ができる寄附金額について、大まかな目安はこちらで書きました。 以下の記事ではできるだけ正確...

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする