ふるさと納税 確定申告 ワンストップ

2015年にワンストップ特例制度ができてから、ふだん確定申告をしていない人は確定申告をしないでもふるさと納税ができるようになりました。これが、ふるさと納税が大きく伸びた理由のひとつになっていると思います。

ワンストップ特例が利用できる人は、寄附した年の所得について確定申告をする必要がなく、1年間のふるさと納税寄附先の自治体が5つまでの人です。自治体が5つ以内であれば、寄附回数は何回でもかまいません。

ふるさと納税サイトの「さとふる」では書類作成もできるようになっています。

ふるさと納税ワンストップ特例制度申請方法

ワンストップ特例制度を使うと(寄附金額-2,000円)は、全額翌年の住民税が減額される形で控除されます。ふるさと納税の寄付金控除をすると所得税率が下がる人でも、ワンストップ特例制度を使えば、所得税からの控除がなくなるため、自己負担額が2,000円を超えることはありません。

自己負担額が2,000円を超える可能性があるケースは、こちらの記事の後段でご紹介しています。

やればやるほどおトクな「ふるさと納税」ですが、実は無制限にいくらやってもおトクになるというわけではありません。「控除」を受けられる金額には上...

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする