ふるさと納税 白子町

千葉県白子町は、千葉県中部の太平洋岸、九十九里浜のかなり南の位置にある町です。

紀州の漁民西宮久助が漂着して伝承した地引き網漁「九十九里いわし漁」の発祥の地で、江戸時代には盛んに漁業が行われていました。いまはテニスの合宿地として、全国的に有名になっています。

白子町では、なかなか手に入らない「天然のはまぐり」が返礼品になっています。

九十九里産はまぐり 1kg
九十九里産はまぐり 1kg

白子町の御礼の品には、海のダイヤモンドと呼ばれる貝「ながらみ」や、珍しいたまねぎのワインなどがあります。

▶▶ 千葉県白子町の御礼の品を詳しくみる

CMでお馴染みのふるさと納税サイト【さとふる】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする